インドの金宝飾品需要、31.7%減 7~9月、101.6トン

 ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は5日、インドの金宝飾品需要が2019年7~9月には101.6トンとなり、1年前(18年7~9月)の148.8トンと比べて31.7%減少したと発表した。国内景気の減速を受けて、消費者のセンチメントが悪化した上、金宝飾品に適用される輸入関税率が従来の10...

▲TOPへ戻る