今年度の成長率、4.9%に低下へ NCAER

 シンクタンクの国立応用経済研究所(NCAER)は16日に発表した「年央経済回顧」報告の中で、2019-20年度(19年4月~20年3月)の実質国内総生産(GDP)成長率を前年比4.9%と予測した。18-19年度(18年4月~19年3月)実績の同6.8%を1.9%ポイント下回るとの見通し(6....

▲TOPへ戻る