デリー近隣州の野焼き、19%減少 環境・森林省

 スプリヨ環境・森林・気候変動担当国務大臣が22日、国会下院に書面で答弁したところによると、デリー大気汚染の原因の1つとされているパンジャブ、ハリヤナ、ウッタルプラデシュ(UP)のデリー近隣3州における野焼き(農業廃棄物の焼却)は今年度、前年に比べて19%減少している。

 同大臣...

▲TOPへ戻る