北東各州で暴動 市民権法改正法案反対で

 アッサム、トリプラ、メガラヤなど北東地方の諸州で9日に国会下院で可決された市民権法改正法案への反対行動が暴動に発展し、政府がインターネットを11時間にわたって停止するなど日常生活に支障が出ている。

 トリプラ州では市民権法改正法案反対のデモへの参加者が暴徒化し、治安部隊が鎮圧の...

▲TOPへ戻る