国会上院、市民権法改正法案を可決 各地で抗議行動

 国会上院は11日、隣国からの非ムスリム移民にインド市民権を付与する2019年市民権法改正法案を可決した。同法案はすでに下院を通過しており、大統領の承認を経て制定される見込み。同法案には特に北東諸州からの反対が強く、アッサム州、トリプラ州などでは抗議行動が暴動に発展している。

 ...

▲TOPへ戻る