州にGST補償金3,530億ルピーを支出 中央政府

 中央政府は16日、物品・サービス税(GST)導入に伴う州の収入減少を補償するため、補償を目的として課されている付加税による収入から合計3,529億8千万ルピーを州および連邦直轄領に支払うことを決定した。

 州の減収の補償はGST州導入にあたって中央政府と州政府が合意した事項だが...

▲TOPへ戻る