デリーで21人負傷 市民権法改正法反対運動

 市民権法改正法への反対運動は17日にも全国各地で続き、デリーでは抗議活動の参加者と警察が衝突し、合わせて21人が負傷する事件が起きた。  衝突があったのはデリー東部シーラムプル。警察の発表によると、17日午後に行われた抗議集会の参加者が集会の終了後に暴徒化し、警察の詰所2カ所および自動車3台が放火...
▲TOPへ戻る