アショク・レイランド、総販売は40.0%減 1月、1万2千台

 ヒンドゥージャ・グループの旗艦企業で、印商用車メーカー大手のアショク・レイランド(本社:チェンナイ、ALL)は3日、国内市場向けと輸出を合わせた2020年1月の総販売が1万1,850台になったと発表した。1年前(19年1月)の1万9,741台と比べ40.0%の減少で、伸びは11カ月連続のマイ...

▲TOPへ戻る