印コーヒー豆生産、今年は不足 農家の苦境続く

 インドのコーヒー豆生産は、主要生産地であるカルナタカ州、ケララ州における昨年の大雨の影響で今年は不作が予想され、過去数年続いているコーヒー生産農家の苦境が続きそうだ。

 主要生産地でのコーヒー豆の生産は昨年11~12月の大雨で生育途中のコーヒー豆が落下したことから不作が予想され...

▲TOPへ戻る