死者32人に増加 デリー暴動

 デリー北東部における市民権法改正法反対派と支持派の衝突に端を発した暴動は、23日夜の発生から4日目の26日も継続し、同暴動での死者は27日朝までに合計32人になった。

 26日には、ケジュリワル・デリー首相、ドヴァル国家安全保障顧問らが地域を訪れ、治安状況を視察するとともに住民...

▲TOPへ戻る