20年の成長率、5.2%に下方修正 スタンダード・アンド・プアーズ

 国際的格付け会社大手の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は18日、20年の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比5.2%と予測し、従来予測(前年比5.7%)と比べて下方に修正した。新型コロナウイルスの大流行を背景に世界経済が景気後退入りすることが主な要因。20年のアジア太平...

▲TOPへ戻る