証券仲介業の罰則規定導入を延期 証券取引委員会、市場変動を考慮

 インド証券取引委員会(SEBI)は23日、新型コロナウイルスによる極度のボラティリティ発生を受け、証券仲介業と運用会社を対象としたコンプライアンス要件の緩和を決定した。4月1日からの施行が予定されていた証券仲介業を対象とする証拠金の未徴収および短期徴収に関する罰則規定を4月30日に延期する。...

▲TOPへ戻る