投資信託へ5千億ルピーの資金供給 インド準備銀行

 インド準備銀行(RBI、中央銀行)は、新型コロナウイルスの発生に伴う資本市場のボラティリティの高まりによって流動性リスクに直面している投資信託の圧力を緩和する目的で、5千億ルピー規模の特別流動性措置を導入すると発表した。流動性調整制度(LAF)指定銀行を相手方に特別レポ取引を実施し、通じて2...

▲TOPへ戻る