20-21年度の印成長率、0.8%に下方修正 フィッチ・レーティングス

英米系格付け会社のフィッチ・レーティングス(フィッチ)は28日、2020-21年度(20年4月~21年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率見通しを前年比0.8%増と、3日に発表した同2.0%増から下方修正した。従来予測値(全土のロックダウンが宣言される以前となる3月17日に設定)である同5...

▲TOPへ戻る