4月の取扱貨物量が21%減 主要港12港、新型コロナの影響で

 4月の主要港(国営重要港)12港の貨物取扱量が前年同月比21.08%減の4742万トンと大幅減となった。新型コロナウイルス感染拡大による需要圧縮が世界の貿易を混乱させたためだ。印海運省によると、モルムガオ港を除く11港すべての貨物量が減少した。12港のうち、チェンナイ港の貨物量は同38.17%減の...
▲TOPへ戻る