ハッチバックで問い合わせ増加 マルチ・スズキ

 インド最大の乗用車メーカーのマルチ・スズキは、ロックダウンからの営業再開後の問い合わせではセダンやSUV車両と比較してハッチバック車両への引き合いが多いとしている。同社は厳しい状況のなかで、既存の車両保持者が新車を購入するよりも、機能性を重視する初回購入者による取引量がより多いと見ている。<...

▲TOPへ戻る