鉱業生産指数、前年横ばい 3月

 インド政府の鉱業省は16日、3月の国内鉱業生産指数が前年同期比横ばいの132.7ポイントだったと発表した。鉄鉱石、クロマイト、石炭の生産量は増加したものの、天然ガス、原油、亜鉛、マンガン鉱石の減少によって全体では横ばいとなった。

主な鉱物生産量は、石炭が前年同月比4.3%増の9...

▲TOPへ戻る