労働法適用緩和措置反対でILOに訴え 労働組合

 新型コロナウイルス感染流行収束後に予想される労働力不足に対応するため13州の政府が行った労働法の適用緩和措置に反対し、バーラト労働組合(BMS、インド人民党系)を除くすべての労働組合全国組織は国際労働機関(ILO)に反対を訴えた文書を送付した。労働組合の代表者は、訴えの証拠を記載した文書を数...

▲TOPへ戻る