石油精製製品の生産量、03年以来の大幅縮小 4月、1,475万トン

 2020年4月の石油精製製品の国内生産量が前年同月比28.8%減の1,475万トンだったと発表した。03年以降で最大の下げ幅を記録した。印全土のロックダウンが、燃料需要を低下させたほか、精製業者も生産活動の縮小に繋がった。ロックダウンに伴う外出禁止で4月の燃料需要は同45.8%減少した。

▲TOPへ戻る