パイロットにも新たな挑戦 運航再開で専門家の見方

 25日から国内線の運航サービスが開始したが、2カ月間の空白期間を経て、絶え間ない確認と手順による業務に慣れることはパイロットや航空会社にとって挑戦となると専門家は警鐘を鳴らしている。

 パイロットは常に「最新」の状態でフライトすることが求められており、長期間の地上生活後の業務再...

▲TOPへ戻る