4~5月の貨物取扱量が22%減 主要12港、新型コロナによる貿易混乱で

 4月と5月の主要港(国営重要港)12港の貨物取扱量が前年同期比22.16%減の9,282万1千トンと大幅減となった。新型コロナウイルス感染拡大による需要圧縮が世界の貿易を混乱させたためだ。ニューマンガルール港とモルムガオ港を除く、10港の貨物量が前年比マイナス成長となり、このうちカマラジャル...

▲TOPへ戻る