旅客乗客数は45~50%減少へ 格付会社ICRA

 格付会社ICRAは3日、2020-21年度(20年4月~21年3月)のインド航空旅客数が45~50%減少するとの見通しを示した。20-21年度上半期も低迷は続くと見られ、下半期から回復の兆しが見られるとしている。ICRAの報告によれば、新型コロナウイルス・パンデミックの影響を深刻に受けた航空...

▲TOPへ戻る