工場操業を一部再開 マクシス・インディア

 タイヤメーカーのマクシス・インディアは10日、従業員数を縮小して製造工場の一部を再開したと発表。新型コロナウイルス感染症の安全対策ガイドラインに従って操業される。新型コロナの影響で3月23日から42日間にわたり工場を閉鎖していた。

 同社は「政府の規制・ガイドラインに従って操業...

▲TOPへ戻る