非通信会社へのAGR請求を批判 最高裁

 最高裁は11日、電気通信局(DoT)が通信産業以外の国営企業(PSU)に対して合計4兆ルピーの調整済み粗収入(AGR)未払金の支払いを請求していることを強く批判した。

 AGRは電気通信局(DoT)が通信業者に課す周波数帯使用料兼免許料で、通信業者の収入に基づいて算出される。通...

▲TOPへ戻る