今年度の成長率、4%減で据え置き アジア開銀、来年度は5%に下方修正

 アジア開発銀行(アジア開銀、ADB)は18日に発表した「アジア経済見通し(ADO):2020年(補足版)」で、20-21年度(20年4月~21年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比4%減のマイナス成長、21-22年度(21年4月~22年3月)は同5%増のプラス成長と予測した。4月...

▲TOPへ戻る