非通信会社へのAGR請求、96%を撤回 電気通信局

 政府は18日、最高裁に、電気通信局(DoT)が電気通信を主要業務としない国営企業(PSU)に対する調整済み粗収入(AGR)請求額の96%を撤回することを決定したと伝えた。

 AGRは電気通信局(DoT)が通信業者に課す周波数帯使用料兼免許料で、通信業者の収入に基づいて算出される...

▲TOPへ戻る