ソーラーセル、20%関税を導入へ 中国製機器の輸入に対抗

 市場関係者によると、新・再生可能エネルギー省(MNRE)が間もなく印財務省に対し、ソーラーセルとソーラーパネルに適用する基本輸入関税率(BCD)を課すよう勧告する見通しだという。中国製太陽光発電設備の調達を抑制し、国産依存度を高めることを目的としている。2018年7月、印政府は中国、マレーシ...

▲TOPへ戻る