インドからの撤退を示唆 エア・アジア

 エア・アジアによるベンチャー企業の株式売却には法的な困難が立ちはだかる見込みだ。創立者トニー・フェルナンデスとエア・アジアの元役員に対するマネーロンダリング事件の調査当局が、株式売却に反対する姿勢を示している。フェルナンデスはクレディ・スイスのウェビナーで「インドから撤退しないとは言えない」...

▲TOPへ戻る